デジタル技研の「マトリックスキーボード」はタッチタイピングが容易に習得できます。
日本語簡単入力キーボードのデジタル技研トップページへ

画面を拡大縮小することができます。 画面を拡大縮小することができます。



 
このページは森田正典がご提供いたします。

森田正典の紹介

日本語に最適なキーボード入力方式「M式」
 日本語の発音の特徴を活用したキーボード入力方式「M式入力」についてご紹介します。

写真で見るM式キーボードの歴史
 歴代のM式キーボードを写真で紹介します。


他のホームページへのリンク

NECのエルゴフィットキーボードのページ
 「M式入力」の応用製品としてNECから発売された「エルゴフィットキーボード」に関する情報。

 現状では、販売終了となり、リンクは切れています。


  • M式とは?
    • M式とは日本語発音の特徴を活用したキーボード入力方式の名称です。
    • M式は基本的にローマ字入力方式で、キーボードの左手側に母音キー群(AIUEなど)を配置し、右手側に子音キー群(KSTNなど)を配置することにより、左右交互打鍵を実現、またそれぞれを覚え易い50音表順に配置します。
    • 日本語で頻繁に出現する複数文字列を単打鍵で入力できる複合キー(Ai、An、Syなど)を設置し、日本文入力に際し、打鍵数減少(省打鍵)を実現しております。
  • M式の特長
    1. 入力速度が速い(従来のローマ字入力の約2倍)
    2. キー配列が50音表順で覚えやすい(英字鍵盤の約半分の負担)
    3. 左右交互の楽々打鍵
    4. 手や指の移動が少なく、そのうえ人間工学的設計で疲労が少ない
    5. 英文入力に際しても従来の鍵盤より合理的
  • 実績、受賞など
    • 日本経済新聞社 1983年年間優秀製品賞
    • 電子情報通信学会 昭和62年年間最優秀論文賞(米沢特別賞)
    • 筑波科学万博政府館歴史館に最近の日本の代表的発明品として陳列され、また出版・印刷業界、速記者、新聞記者、著述家、学者、特許事務所などの方々から熱烈な支持をいただいています。
    • M式ユーザの皆様から頂いたご評価の例示
      • 「私どもが惚れ込んだのは原稿通りの文章が高速かつ正確にできること」
      • 「出版用入力はM式で」
      • 「誰でも書くより早い”水準”に容易に到達」
      • 「今ではM式で手書きの3倍の入力速度」
      • 「M式は高齢者と情報化の接点」
      • 「高齢者でもほぼ受講者全員がタッチタイプ可能となった」
      • 「M式鍵盤は正に日本の誇り」
      • 「M式をもっと普及させ、多くの人にM式の良さを知ってもらいたい」
      • 「日本語を出発点としたキーボード M式」
      • 「大和言葉と漢語の本質を洞察した M式」
      • 「M式キーボードを使った人は誰もがこのキーボードのとりこになる」
      • 「国民のためのキーボード」

このページに関するご意見をお待ちしております。m-siki@d-tech.jp



    

All right reserved ©2012 DigiTech Lab. Powered by Smatu-net